Main Menu

Sub Menu

痛みが少ない医療脱毛

これまでの医療脱毛は、メラニン色素をターゲットに照射しました。黒い色素が集まっている部分にエネルギーが集中するため、痛みを感じやすいところがネックです。医療脱毛は痛い、というイメージが横行して、エステの脱毛を選ぶ女性も出てきました。毛がしっかりしていてメラニン色素が集中している部分ほど痛みを感じやすいため、V・I・Oなどで挫折した方もいることでしょう。

そこで、毛包をターゲットに照射する「ソプラノ」が登場しました。従来のタイプよりターゲット箇所が広いので、エネルギーが分散されます。蓄熱式で照射範囲を温めるようにケアしていく方法だから、熱いマッサージを受けているようなイメージです。さらに、高性能の冷却装置を搭載してより痛みを緩和します。医療脱毛は痛いから怖い、と抵抗を感じる方の新しい選択肢になることでしょう。

メラニン色素をターゲットにするわけではないので、地黒の女性や日焼け肌にも対応できるところが魅力です。これまでの医療脱毛ではケアを受けられなかった方にも、ソプラノ使用クリニックならチャンスがあります。お肌を保護するためにUV対策は必要ですが、うっかり日焼けしてしまったときでも脱毛できます。子供の送り迎えやゴミ捨てなど日常的な動作でも以外と日焼けしていくもので、肌が黒くなりやすい女性にとっては助かります。雑誌でも特集が組まれる注目度が高い脱毛方法ですが、どんな魅力があるのかをより深堀して見てみましょう。



<<外部リンク>>
「ソプラノ」以外の医療脱毛で痛みが少ない「Light Sheer DUET(ライトシェアデュエット)」を使用しているクリニックを紹介します ⇒⇒⇒ 痛くない 医療脱毛